So-net無料ブログ作成
クレジットカード 手数料

東京喰種:re ネタバレ2話[トーキョーグール]

東京喰種:reも新連載から2週目。
第2話に突入しました。

主人公が金木くんじゃないということが話題となり、
佐々木=金木なんじゃないか説も浮上しています。

第2話ではクインクス班はどのように描かれるのでしょうか??





■第2話 委舵と畏舵

病室での診断結果について

□紫

ウリエ班長が「902」
米林さんが「850」
シラズくんが「920」
ムツキくんが「655」

班長とシラズくんは能力を使っている分Rc値が高めですね。

*Rc値=喰種の体内に多く含まれる細胞。赫子の組織に関わるとされている。
ヒトにも微量含まれており、その基準値は200-500とされている。

□佐々木

「僕の管理外で赫子を使っているようです。
やはり控えさせたほうがいいでしょうか?」

□紫

「クインクスはすべてが研究段階ですから、二人にはあまり遊ばないようにお伝え下さい。」
「逆にムツキくんはほとんど普通のにいんげんと変わらない数値ですな」

「これでは喰種の特性を利用するというクインクス計画の本来の目的にそぐわない」

□佐々木
「たしかに現段階では彼に能力や俊敏性の強化はほぼも見られません」

「赫眼が常時制御できずに発生しているので、施術の影響自体はあるようですが・・・」

□紫
「制御できずに数値が上がるよりはいいでしょう」
「あまりにもRc細胞が増えすぎると喰種のようにまともな食事をとれなくなるかもしれませんからなっと。」

□佐々木
「失敬、悪気は・・・」
「ああ、いや・・・」

「捜査会議がはじまりますので、僕はこれで・・・」

□紫
「米林才子三等は肥ま・・ぽっちゃり美味のようですので気をつけるようにと」

ーー佐々木琲世のRc値2753という資料を見ながら「どんな感じなのかね・・・」とひとりごと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

捜査会議
・下口班 
・平子班
・真戸班

□真戸
「先日真戸班の瓜江二頭らが対峙したという喰種はトルソーではなかったようですね」
「奴は現状レートAに設定されているがその実態は未知数だ」
「現時点で対峙しなくてむしろ良かったかもしれません」

□捜査会議 他班
「なんにせよトルソーはうちの担当ですから真戸班は他の捜査をお願いしますよ」

「先日クインクス?とやらで喰種出没のタレコミを調査したそうですね?」
「唸り声が聞こえるとのことで調べた結果が・・・野良犬だったとか」
「クインクスの仕事は犬探しですか!」

□真戸
「フッ・・・犬か」

□佐々木
「あ、アハハ・・・いやあ・・・
力抜けちゃいますよね・・・でも喰種じゃなくて良かったです。」

□会議
「佐々木一等はどうやら甘い考えの持ち主のようだ
なぜあの程度の喰種をその場で処理しない?」
「大した情報も持たずレートは精々B+」

「人民の安全が最優先」
「喰種対策法13条にもあるでしょう。対処は速やかでないと」

□佐々木
「ですが2項では・・・
喰種に対して必要以上の痛みを与えることを禁ずると」

□下口上等
「少々解釈が違うのでは?」
「2項はなにも喰種を殺してはいけないという項目ではない」
「必要最低限の痛みすなわち即殺する事こそ喰種捜査官には求められているのです」

「同情でもしましたか?佐々木一等・・・あなたならあり得るか」
「やはりあなたは喰種に」

□真戸
「下口上等」
「部下の教育は私の仕事だ。後ほど私がいって聞かせよう」

□下口上等
「その教育とやらが不充分なのでは?」
「先日など我々に捜査資料をよこせと。いやあ・・・驚きましたよ。捜査の横奪とは」

□真戸
「貴君らの亀の歩みが如し捜査に見兼ねてウチの佐々木が助け船を出したのでは?」

□下口
「なんですと!!」

□真戸
「私と佐々木ならばその案件10日で解決していたところだが・・・」
「あいにくアオギリの樹の対処で時間がなくてな」

□下口
「佐々木とクインクス達でも一月でトルソーの人相ぐらいは押さえられるだろう」
「・・・言わせておけば」

□平子
「その辺りで」

「トルソーの捜査についてですが、下口班、真戸班連携して執り行うようにお願いします。」
「捜査資料は共有してください」

□下口
「・・・承知しました」

□平子
「我々平子班は継続しレートS〜"オロチ"を追います」
「今日の会議は解散とします」

□下口
「真戸上等」
「一月でトルソーの人相でしたよね?楽しみにしていますよ」
「ああもし人相を抑えたらこの空きの捜査は快い協力をお願いしたい」

□佐々木
「・・・すみませんアキラさん」
「僕をかばって頂いて・・・」

□真戸
「佐々木」

!?
ドゴオー

佐々木の腹にパンチする真戸上等


□真戸

「お前の穏やかな心柄嫌いじゃないが戦いでは甘さは捨てろ」
「・・・先ほどの2項の発言は私ですら赤面ものだ」
「ともすればお前はクインクス以上に僻目で見られる存在だ」
「喰種を庇うな」
「これ以上真戸パンチを喰らいたくなければその優しさがお前を殺すぞ」

「平子上等の許可も下りた。ひと月以内にトルソーの人相を挙げろ」
「下口の唇を恥辱で震わせるぞ」

□佐々木
・・・下口上等が3ヶ月も捜査して手がかりない案件をクインクスの統制も不十分なのに・・・

□伊藤倉元
「さ、さ、き、くん」
「さっきは大変だったね」

□佐々木
「あ、伊藤一等」

□倉元
「倉元でいいよ。イトーイットーだとややこしいでしょ」
「ハイセでいい?」

「しっかりアキラちゃんも無茶言うよね」
「ひと月でトルソーの人相ね。」

□佐々木
「アキラさんはいつもあんな感じですから
あの無理難題は多分有馬さんからの伝統・・・」

「平子さんのチームはオロチの捜査でいたよね
どんな喰種って聞かない方がいいんですかね」

□倉元
「いやあ?いいんじゃない?
と言うか本来情報共有すべきでしょ。下口さんはあれだけど」

「オロチ・・現状はレートSだけどしっぽがなかなか掴めない。まだ上がるかも」
「とりあえずかなりの手練っぽい」
「はじめは准特等率いるチームが捜査してたんだけど返り討ちにあっちゃってウチに案件が回ってきたわけ」
「面白いのはそいつ・・・喰種を狩ってるようなんだよ」

□佐々木
「喰種を?」
「仲間割れですかね?」

□倉元
「さあ、レートも十分。昇進推薦を受けるには良い材料だ」
「目指せ上等捜査官」
「アキラちゃんや君には負けないよ」
「んじゃーまたねーハイセ」

□佐々木
「トルソーとオロチか」




<<<前へ 第1話 後半へ


>>>次へ 第2話後半へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 東京喰種:re ネタバレ画バレ最新話情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。